こども保険とは

いろいろな種類の生命保険がありますが、子どものために加入する「こども保険」という生命保険もあります。

こども保険は、通常の生命保険と同様、親に何かあった場合は保障を受け取ることができ、死亡保険金と、大学入学時に必要なお金を貯めることが目的の保険です。

子どもを大学まで行かせる場合は、入学金や授業料などのお金が必要になります。金額は入学する大学やその学部によって異なってきますが、入学時に200万円から300万円ほどは必要になるでしょう。

結構大きな金額になりますが、こども保険に加入しておき、小さな頃から支払いを続けていれば、特に問題無く貯めることができるでしょう。

こども保険には、12歳満期、15歳満期、18歳満期、22歳満期というように満期が決められており、小学校、中学校、高校入学時に祝い金を受け取ることができます。

こども保険の保険料は、満期保険金と、何歳で満期にするかによって違ってきます。

例えば、満期保険金を200万円で18歳に決めて、子どもが0歳、親が30代のときにこども保険に加入したとします。その場合は月の保険料は13,000ほどになり、12歳と15歳のときに、祝い金として60万円を貰うことができます。

こども保険では、育英年金といった特約を付けることができますが、親が生命保険に入っており、補償内容も手厚い場合は補償が重なるため、特約を付けるメリットはありません。

親の死亡保障が不安な場合のみ特約を付けると良いでしょう。

こども保険に入る場合は、親の生命保険との内容を考える必要があります。子供がいる場合は、保障と教育費の両立ができますので、お勧めの保険と言えるでしょう。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved