ガン保険について

最近の生命保険でよく見られるようになってきたのが、ガンになった場合に保障を受けることができるガン保険ですね。

ガン保険が注目をあつめる理由として、日本人の主な死亡原因があるでしょう。

日本人は、ガン、心疾患、脳血管疾患の順で死亡してしまうようです。日本人の3人に1人はガンで亡くなっているため、ガン保険が人気なのですね。近年は特に肺がんで死亡する人が多いようです。

ガンは喫煙している人ほど発症しやすくなりますが、喫煙をしていなくてもガンになりやすい家系などもあるため、家族でガンに罹った人がいるのなら、ガン保険を検討しておくと良いでしょう。

ガン保険はそのままですが、ガンに特に特価した保険になっています。ガン治療のための入院や、手術で給付金をもらうことができます。

選んだ保険によっては、がん診断給付金や通院給付金なども選ぶことができます。

ガンのみを対象にしているため、通常の生命保険よりも保険金が安くなっています。また、通常の医療保障の場合、入院の給付金はその回数が制限されていますが、ガン保険の場合は、給付日数の制限がありません。

ガンの治療には長い時間がかかることが普通ですので、治療費も高額になりやすいでしょう。

入院給付金の日数に制限がないので、長い入院になっても安心することができます。

なお、ガン保険は保証開始日から90日間は保証の対象にはなりません。90日の間にガンになった場合は、補償の対象外ですので気をつけておきましょう。

治療中に加入することができない点や、その他通常の生命保険とは違う部分がありますので、保障内容についてはしっかりと確認してから加入しましょう。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved