生命保険の加入条件

生命保険はいつでも、誰でも加入することができるわけではありません。

そのため、「生命保険は健康なときに入った方が良い」という言葉は色々なところから聞きます。

生命保険には加入条件があり、将来的に病気を発症する可能性が低い状態であることや、既往症があると保障内容に制限や条件がついたり、保険料が高くなってしまうことがあります。

保険会社の立場で考えると、すぐに病気になってしまいそうな人と契約をしてしまうと、将来的に保険金を支払わないといけなくなる可能性が高くなるため、できれば契約をしたくないというのが本音でしょう。

ですので、加入するときに、健康であることや、これまで大きな病気に罹ったことがないことや、今現在治療中の病気があることなど、色々と加入条件を提示してくるのです。

このような理由で、健康なときに入った方が良いと言われているわけですね。特に、病気に関しては加入の条件が厳しくなっているところが増えています。

もし、今、風邪などのちょっとした病気になっている場合は、綺麗に病気を治すまでは生命保険の加入手続きは控えておきましょう。

小さい病気でも知らせておかないと、後で大きな問題になる可能性もあります

そして、太り過ぎている人や、反対に痩せすぎている人も、加入が厳しくなることがあります。

一般的な体型と極端に違いすぎた体型をしていると、病気になりやすいと判断されることがあり、加入を認められない場合もあるでしょう。

また、妊娠中も条件によっては加入出来たり、できなかったりすることがあります。

生命保険に加入する際は、しっかりと加入条件を確認しておくことが大切です。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved