誰でも入れる無選択型医療保険の注意点

生命保険に加入するには様々な条件があります。

特に健康面での条件が厳しく、既往症がある人は保険に加入することができなかったり、保障に条件が付けられることもあります。

しかし、このような加入条件が無く、誰でも入ることができる保険が見られるようになり、病気などの影響で保険に入ることができなかった人からも注目されています。

このような保険のことを、無選択型医療保険と言い、健康状態を問われることなく加入できます。

無選択型医療保険の場合でも、生命保険では保障期間や、支払われる保険金に条件がついたりすることもありますが、もしものためには役に立つでしょう。

ただこのような保険は、通常の保健よりも保険料が高くなっていることが普通です。

誰でも入れるとなると、健康に不安がある方が加入する可能性が高いため、給付金を支払うには、保険料を高くしておかないと難しいでしょう。また、無選択型医療保険は、誰でも入ることができる代わりに、特定の病気の場合は保険金が出ないという場合が多くあります。

ガン、心臓疾患、脳血管疾患や糖尿病などの場合は保険金が出ないことがありますので、加入の際にきちんと確認をしましょう。

また、最近テレビのコマーシャルなどで良く見かけるのが、誰でも加入することができるにも関わらず、保険料が安い保険です。

月々2~3千円の保険金で手厚い保障があり、しかも高齢でも加入できるならと、飛びついてしまう気持ちも解ります。ですが、こういった保険は、生命保険ではなく、傷害保険である場合が多いでしょう。

ケガのみの保障で、病気や通院には保障がありません

生命保険に加入したい場合は、全く無意味な保険になってしまいます。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved