保険金の請求方法について

もし、生命保険の被保険者が亡くなってしまった場合は、生命保険会社に連絡をして、保険金を請求しましょう。

保険会社に被保険者が無くなったことを告げると、請求手続きへ入っていきます。

保険金を受け取るには、所定の手続きをと必要な書類を準備する必要があります。ここでは必要な書類についての説明をしていきます。

まずは生命保険証券を用意しましょう。生命保険証券は大切な書類になりますので、くれぐれも無くさないようにして、必要なときに素早く取り出せるようにしておきましょう。

そして、保険金支払い請求書を準備します。請求書は必要事項の記入がありますので、記入漏れが無いように注意しましょう。

医師による死亡診断書、または死体検案書が必要です。死亡診断書の原本は、役所に提出することになっていますので、保険金の請求や葬儀など必要な枚数をコピーしておくことが必要です。

そして、受取人の印鑑証明書と戸籍謄本も必要になります。印鑑証明書は有効期限があり、発行されてから3か月以内のものが必要です。

他には、保険料の最終払込みを証明する書類が必要になります。これらをすべて揃えてから請求手続きを開始しましょう。

請求手続きが終わったら、指定口座に保険金が入金され、支払内容の明細が届けられるのが、生命保険受け取りの基本的な流れとなります。

生命保険の請求の際、気を付けなければならないことがあります。

それは、生命保険の死亡保険金を請求するは、2年経つとその権利が無くなってしまうことです。ですが、保険会社の規約では3年になっており1年間猶予があります。

書類の記載ミスなどで時間がかかることがあるため、生命保険の請求は早めに行いましょう。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved