三大疾病保障保険について

日本人は三大疾病と呼ばれるガン・急性心筋梗塞・脳卒中で亡くなってしまう人が多くいます。そのため、生命保険の三大疾病保障保険に加入しておくと、これらの病気を発送した時に保障を受けることができますので、安心を得られるのではないでしょうか。

ガンの場合は医師に診断されたとき、急性心筋梗塞の場合は、診断されてから60日以上働くことに制限をしなければならないと判断されたときに保険金を受け取ることができます。脳卒中の場合は、言語障害など後遺症が60日以上あった場合に保険金が出ます。

がんについては対象外のガンがあり、上皮内ガンや悪性黒色腫を除く皮膚がんの場合は対象外です。

また、保険の責任開始日から90日間の間に、医師に乳ガンと診断を受けた場合も補償の対象外となってしまいます。

三大疾病保障保険には、三大疾病保障終身保険と三大疾病保障定期保険とがあります。三大疾病保障終身保険の場合は、保障が生涯ずっと続くもので、三大疾病保障定期保険は、一定の期間のみ保障が有効です。継続して加入するのならば、終身タイプの方が更新もなくてお勧めです

この保険の特徴として、保険料を受け取ると契約が終わることになります。

また、保険期間中に無くなったり、高度障害状態に陥ってしまった場合は、死亡保険金や高度障害保険金が支払われることになります。

この保険は、通常の生命保険の保障を受け取ることができる状態で加入することをお勧めします。また、生前給付金もあることから、保険料が割高になっています。

生命保険をより手厚いものにするために、三大疾病保障保険の加入を検討してはどうでしょうか。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved