独身の生命保険について

生命保険に加入する人は多いですが、必ず加入しなければならないものではありません。

特に独身の場合は、生命保険に入らずに自分で貯金をしている人も多いようです。

家族がいない場合は、自分が死んでしまった後に生活費を残したり、子どもの教育費を備える必要もありません。

そういったこともあり、生命保険に入る必要がないと考える人が増え、自ら進んで加入する人は減っています。

しかし、生命保険は今後の人生のリスクを減らすために加入するものです。家族が居ない状況でも資産を残していないと、迷惑を掛けることもあります

リスクとは老後の介護のための準備などがあります。介護にはお金が必要になってきますので、公的なものや民間の介護保険への加入も検討しましょう。

そして、借金がある場合は、死後に問題が出てきます。何かでローンを組んでいた場合などは、独身だと親や兄弟に請求がいくことになります。

お葬式やお墓の費用などの問題もあるでしょう。全く資産がない状況では準備をすることも難しくなります。

自分のお葬式の費用は自分で何とかしたいと考える人は多いようです。生命保険に加入しておけば、その費用なども保険金で賄うことができるでしょう。

生命保険に加入するということは、自分が生きているうちに、自分の死後の整理をしておくことにもなります。

そういった場合は終身保険に加入することをお勧めします。

解約や失効しなければ、死亡時に保険金が出るようになってますから、死後の費用を準備しておくことになります。

独身だから生命保険が必要ないという考えではなく、独身の場合は独身に合った生命保険に加入すると良いのではないでしょうか。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved