生命保険会社を選ぶ方法

生命保険に加入する前に、保険会社について調べてから加入すると良いでしょう。

魅力的な保障内容の生命保険であっても、保険会社の経営が上手くいっていなかったり、あまり信用できない会社と判断されてしまうと、保険の申し込みは避けてしまいたくなるでしょう。

会社自体が信用できるという点は、生命保険を選ぶためにはとても重要です。

会社の経営が上手く行っておらず保険金が支払われないトラブルや、決められた保障内容の通りに保険金を払ってもらえないトラブルなどが起きないように、保険会社をしっかりと見極めることが大切です。

保険会社が安全なのかどうかを調べるためには、格付けのチェックをすることが有効です。第三者機関において、生命保険会社の格付けが行われていますので、信頼できる会社かどうかチェックしてみてはどうでしょうか。

生命保険の評価を判断する場合は、ソルベンシーマージン(solvency margin)比率で判断します。これは支払い余力という意味で、生命保険会社が将来的にもきちんと保険金を支払うことができるのかを表しています。

会社の資本金や、色々なリスクを考慮したうえで数値化したもので、ソルベンシーマージン比率が200%を超えていれば、充分な支払い能力を持っている会社と判断されています。

2009年度のソルベンシーマージン比率は、1位は富士生命3240%、2位はネクスティア生命2798%、3位はソニー生命2637%となっているようです。

ですが、ソルベンシーマージン比率も、1つの参考程度にしましょう。この数値が高ければ100%安全というわけではありません。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved