外資の生命保険について

あまり馴染みのある人は少ないかもしれませんが、生命保険には外貨建保険というものがあります。これは保険料を日本円以外で支払う方法です。

円高になると、輸入品の値段が安くなり、海外のものを購入する場合メリットがありますが、保険料を安く払うことも可能になります。

外貨建保険で保険料を支払う場合、一時払い型と月々払いの積み立て型があります。ですが、外貨で支払うということは、為替リスクがあることを考慮しておきましょう。

個人年金保険、終身保険、養老保険の3種類の保険は外貨建てで保険料を払うことができ、米ドル、ユーロ、豪ドルで支払いができます。

外貨建て保険の仕組みについてですが、保険の利用者は、円から外貨に両替をして保険料を支払い、保険会社はそれをその国の国債や、公社債に投資して運用することになります。

保険金を支払うことになった場合は、保険会社は外貨で保険金を支払い、受取人は外貨資産として受け取ることになります。

今の日本は利率がとても低いです

外貨を使うことで利息予定が高まる期待があり、外貨建保険は契約数がかなり伸びているようです。

ちなみにプルデンシャル生命は予定利率が4%ととても高くなっています。

また、生命保険に加入する場合は、健康な状態で加入すると保険料がかなり割安になる場合がります。

非喫煙割引特約や、為替手数料がかからない特典などが利用できる場合もあります。

普通に加入するだけで大きな保障を得られる生命保険ですが、円高のメリットを活かすことで、保障を受けられるだけでなく、資産運用をすることも可能になります。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved