解約返戻金について

生命保険金に入っていても、保険会社を変えたい場合や、毎月の支払いが難しくなった場合など、生命保険を解約することがあります。

解約する場合は、解約返戻金といわれるお金が支払われることがあります。

加入していた生命保険の種類によっては、解約返戻金が支払われない場合もありますが、保険に加入していた期間が長くなるほど、戻ってくる金額も多くなるのが普通です

生命保険に加入してから、ある程度の年数が経過していないと解約返戻金は返ってこないことが普通です。保険に加入したばかりでは受け取ることが出来ませんので注意しましょう。

保険料を支払っていても、これまでの保険料の使われ方によっては、お金が帰ってこないことがあります。

まず知っておかなければならないことは、支払った毎月の保険金が、全て自分の保険金として残っているというわけではないということです。

保険会社では、払い込まれた保険料から、事務経費などを差し引いてから、保険金として積み立てていくことになります。保険料から経費が差し引かれたものは不可保険料と呼ばれ、将来の保険料となるものは純保険料と呼ばれています。

このように、保険金は色々と細分化されてしまうので、支払った保険料が全て解約返戻金として帰ってくるわけでは無いことが解るのではないでしょうか。そして、解約返戻金をもらうことができるまでは、ほとんどの生命保険で加入後3年後となっています。

生命保険の種類によっては、解約返戻金が無い場合や、金額が少なくなっている場合があります。掛け捨て型の生命保険の場合は、解約返戻金が少なくなっており、定期保険や養老保険では保険料が高く、戻ってくる金額も多くなります。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved