掛け捨て型の生命保険について

毎月の保険料を抑えたい場合に加入するのが、掛け捨て型の生命保険です。

生命保険は、家や自動車の次に高額と言われるものですので、毎月の保険料の支払いに対して不安がある場合は、掛け捨てタイプを選ぶ方が良い場合があります

積み立て型の生命保険の場合は、満期を迎えた時点で、多額の保険金をもらうことができます。途中で解約するしても、解約返類金が多いため積み立て型の保険を選ぶ人も多いでしょう。

しかし、生命保険の目的である、大きな保障を受けたい場合は、掛け捨て型の方がメリットを感じることもあるでしょう。

積み立て型の場合は、大きな保障を受けるためと、高い利回りを得るために、保険料が割高になっています。

一方、掛け捨て型の場合は、大きな保障のみに特化した保険になっています。もしものことが起こった場合には、問題無く多額の保険金を受け取ることができるでしょう。

特に掛け捨て型の方がメリットを感じられる人は、まだ若いために収入が多くない人や、今のように不景気で保険に多く費用をかけることができない人でしょうか。

また、景気が悪い場合は、積み立て型も大きな利率を得ることは難しくなります。そのうえ、割高な保険料を毎月払う必要があります。

生命保険は、もしものときのために生活を保障することを目的に加入するので、貯蓄性を選んで加入してしまっては、収入と支出のバランスが崩れることになります。

無理に貯蓄をすることになってしまいますので、保険と貯蓄は別にして考える方が良い場合もあります。

生命保険は掛け捨て型に加入し、貯蓄は他のものを利用しても良いでしょう。

いずれにしても自分の目的に合った保険に加入することが大切です。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved