生命保険の免責事由とは

生命保険に入っておけば、どんな理由でも被保険者が亡くなれば保険金が支払われるというわけではありませえん。

場合によっては、保険金が支払われないことがありますので、気をつけなければなりません。

保険金が支払われないのは、免責事由に当たる場合です。

「特別な場合に関しては保険金を支払わない」と定められており、保険金に関する犯罪を防止するためや、保険会社がつぶれてしまうのを防ぐために定められています。

免責事由となる内容はいくつもありますので、目を通しておく必要があります。

日本で戦争が起こったり、内乱や革命など、人がたくさん亡くなってしまうようなことが起きた場合は、保険金は支払われません。津波や地震などの災害も免責事由に当たります。

また、生命保険に加入した後に契約者が保険金の受取人に殺害されたり、契約者がわざと事故を起こして怪我をするなど、保険金詐欺に当たる場合も保険金はもらえません。

生命保険加入時に、自分の健康状態を報告する必要がありますが、嘘の報告をしていた場合は告知義務違反になるため、保険契約そのものが破棄されることになります。

それから、無免許運転や酒気帯び運転など、車に関しても免責事由が決められています。犯罪を犯して死刑になった場合も免責になります。自殺も免責となります。

また、生命保険に加入しても、数年間は保険金は出ません。年々自殺をする人が増えているため、以前は1年間だった免責期間を2~3年に伸ばしている会社がほとんどでしょう。

生命保険会社によって免責事由は異なります。生命保険に加入する前に、免責について確認しておきましょう。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved