生命保険を見直す

生命保険ですが、きちんと自分に合った保障内容で選ぶことができているでしょうか。

結婚や出産、住宅購入、転職、子どもの独立、定年退職など、人生の節目や分岐点に立ったときに、保険を見直してみてはどうでしょう。

生命保険に加入した数年前や、十数年前は、自分に合った保障内容だった場合でも、年月が流れて状況が変われば、補償内容も今の自分に合ったものにする必要があります。

人生の節目に立った時に保険を見直すと、より将来に向けての保険にすることができるのではないでしょうか。

また、保険に入るときに、職場の先輩や親族に勧められて仕方なく保険に加入した人がいるのではないでしょうか。そういった人は、補償内容も何となくで考えてしまったかもしれません。

保障内容が自分に合ってない生命保険に入っていると、ただのお金の無駄になってしまう可能性もあります。

より良い安心を得るためにも、生命保険の見直しをしていきましょう。

見直しをするときに検討したいのが保険料の減額でしょう。特に生命保険に複数加入している人は、保障の内容が重なっていて無駄な部分もでてきます。

保険を1つにしたり、重複している保障内容を外すことで、保険料を抑えることができる可能性があります。例えば、ガンの場合、医療保険のガン特約を外し、生命保険ではなく、新しくガン保険に加入した方が保険料が安くなることがあります。

そして独身時代に入った保険についても見ておきましょう。

結婚したり、子どもが増えたりすると、保険料を多くしなければならないかもしれません。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved