収入保障保険について

収入保障保険というのは、生命保険の保険金を年金のようなスタイルで受け取ることができる保険です。

被保険者が亡くなったり、高度障害を負うことになった場合に、保険金を分割して受け取ることができるようになっています。

この方法は、ソニー生命が始めたものですが、今ではたくさんの保険会社でも同じような保険を扱っています。元々は保険金を受け取る遺族の方が、分割の方が生活費として安心できるという要望を出したことによって始まったとされています。

収入保障保険は、通常掛け捨てタイプの保健になっています。そのため、保険料も安く、より多く死亡保障を得たい場合に適しています。

生命保険に入りつつ、貯蓄することで家族の生活を助けたいと考える人にお勧めでしょう。

保障方法は2通りのタイプがあります。まず1つは確定年金タイプです。被保険者の死亡後に決められていた回数の保険金をもらうことができるため、遺族としては一定期間の生活費を受け取るような形となります。

もう1つは、保険期間が満了するまで保険金を受け取ることができる逓減定期タイプです。決められた保険期間のみしか保険金を受け取ることができない確定年金タイプとは違ってきます。

確定年金タイプは、貰える金額が一定ですが、逓減定期は時間の経過によって年金総額が変動することになります。

遺族の希望から生まれた生命保険ですが、デメリットもあります。満期保険金や解約返類金がない場合もあり、所得税を支払わなければならない可能性も出てきます

デメリットも考え、生命保険をどのように受け取るかを考えてみましょう。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved