生命保険と税金について

光熱費や食費、教育費や住居費など、生きていくうえではたくさんのお金が必要になります。

そうなってくると、保険料の支払いも大変だと感じることもあるでしょう。

ですが、生命保険に入ることにより税金を安くすることができるのです。そのためには、生命保険料控除の手続きを行なうことで、住民税と所得税を安くすることができるのです

保険料控除は、一般の生命保険と、個人年金保険があり、控除される金額は、年間に支払う保険料の総額で変わります。

一般の生命保険の場合は、契約者とその配偶者、親族が保険金の受け取りになっている保険が対象になります。

財形保険や団体信用生命保険などは控除の対象にはなりません。

個人年金の場合は、一定の条件をみたしている個人年金で適用されることになります。自営業の方は、確定申告のときに行います。

それから生命保険の保険金に関する税金も存在するため、保険金を受け取るときは、、全ての金額をもらえるということはありません。

受取人の立場によって、税金の支払いが必要になることがあります。生命保険の契約者の法定相続人が受取人になっている場合は、相続税がかかりますので気をつけましょう

また、保険契約者と非保険契約者が違う場合は贈与税がかかります。受取人が契約者本人の場合は所得税が必要になります。

ですが、基礎控除で非課税になることも多々あります。生命保険の税金は複雑で難しいと感じることも多いでしょう。

税金を良く理解すると、上手な活用方法が見つかるでしょう。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved