定期保険について

生命保険には定期保険と呼ばれるものがあります。

定期保険とは、保険期間が決められている保険ということになります。

保険期間中に亡くなってしまったり、重い障害を負った場合は、それぞれ死亡保険や高度障害保険金を受け取ることができます。

定期保険も良く知られている保険なのでご存知の人は多いでしょうが、保障を受け取ることができる期間が決まっていることを理解しておきましょう。

定期保険は保険金が安い場合も多く、一定期間だけ手厚い保障を受けたい人に向いているでしょう。期間は自由に決めることができますし、満期になった場合は更新することもできます。

定期保険の期間を決める際は、自分の定年までの期間や、1番下の子どもが独り立ちをするまでの年数などを考えて、保障を得ておきたい期間を考慮して決定すると良いでしょう

保険料を抑えたい人や、最低限の生命保険として使う人が多いようです。

基本的に掛け捨ての保険金になりますので、生涯の保障を得ることができません。そして、解約返戻金や満期保険金もありません。

保険に加入している期間が長期になっていれば、解約返戻金が出ることもありますが、短期で解約してしまうと完全に掛け捨てとなるでしょう。

そのため、貯蓄を目的に生命保険にはいる場合は、定期保険に入ってはいけません。

定期保険は更新型と前期型の2タイプに分かれていて、更新型は更新するたびに保険料が上がりますが、前期型は保険料がかわりません。

生命保険は、決まった期間に保障が得られれば良いと考える人や、保険料を安く抑えたいと考える人には定期保険がお勧めでしょう。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved