積み立て型の生命保険について

生命保険には、積み立て型で貯蓄性の高いものがあり、それが魅力となっている保険もあります。

終身保険、養老保険、個人年金保険などは貯蓄性が高くなっています。損害保険の中では、満期返戻金がある傷害保険も貯蓄性が高いでしょう。

比較的新しく誕生した積み立て型としては、積立利率変動型終身保険と利率変動型積立終身保険があります。

これらは終身保険ですが、適用される利率が変化する特徴があり、人気があるようで取り扱う保険会社も増えてきています。

積み立て型保険は、もしもの時のために備えることと、貯蓄をすることの両方ができる保険になっています。積み立て型保険の場合は、満期返戻金や解約返戻金がある場合が多く、満期後のことを考えて加入する人が多いでしょう。

掛け捨ての生命保険では、保険期間が終わってしまうと保障が何も無くなってしまうため、積み立て型を選ぶ人が多いようです

自分で貯金をすることが苦手な人が加入することも多く、毎月コツコツと積み立ててくれる生命保険はメリットが多いようです。

しかし、積み立て型にもデメリットと言われる部分もあります。

毎月の保険料が割高になっていることや、途中で解約すると元本割れになってしまうことが気になるところでしょうか。また、積立型の生命保険は利率の良さが魅力でした。

超低金利時代と言われる今では、そこまで魅力的な保険とは言われなくなってきたことも事実でしょう。

積み立て型の生命保険に加入する場合は、保険料のバランスと保障の内容のバランスをしっかりと考えてから加入しましょう。

毎月の保険料を高くし過ぎたために、支払いできなくなるということは避けたいですね。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved