女性の生命保険について

昔に比べて、女性の就職率の向上やライフスタイルの変化があり、女性が身を置く環境が変化しています。そのため、生命保険にも女性に特化した女性専用の保険が誕生するようになりました。

女性は仕事もしつつ、家庭の仕事もする人が多く、常に忙しい人が増えたため、保障を求めて保険に入る人が増えてきています。そのため、女性のためにつくられた、女性ならではの生命保険が出てきました。

生命保険の基本になる、死亡時の補償や、病気やケガによる給付金などはもちろんありますが、さらに女性がかかりやすい病気や、女性疾患に対応しているため、より手厚い保障を期待することができるでしょう

このように女性に特化した保険を女性保険と言います。

女性疾患というのは、乳がんや子宮ガン、乳房障害、子宮筋腫など女性特有の病気や貧血、バセドウ病などの女性がかかりやすい病気の事です。

妊娠や出産関わる病気も含まれています。

女性保険に加入すると、通常のケガの保障はもちろん、女性疾病に関しては、さらに保障内容が良いこともあり、評価は高くなっています。5年毎に無事故ボーナスの支給があったり、先進医療も保障されるなど、幅広い保障内容も魅力ですね。

専業主婦の場合は、夫の生命保険の配偶者特約という形で保険に加入している形になっている人も多いでしょう。

この場合、夫が死亡してしまうと、妻の保障も無くなります。

そうなると入院などの保障も無くなってしまうので、生命保険は女性保険に個人で加入しておくことをお勧めします。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved