死亡保険金の金額について

生命保険でとても重要な問題になってくるのが、死亡保険の金額をどの程度の額にするのかということです。

死亡保険の金額は多すぎても少なすぎても困る可能性があるでしょう。

金額がすくない場合は、後に残された家族が充分な生活を送ることができない可能性があります。生活費や居住費などの必要な金額を考えて、足りなくならない金額に設定しなければなりません。

また、保険金は高ければ高い方が良いに決まっているという考えて、高くしすぎるのも困ることになるかもしれません。

保険金が高額になれば、残された家族は安心して暮らすことができますが、その分、高額な保険料を払っていかなければなりません。

生命保険に入って「もしも」に備えることは重要ですが、「もしも」に備えるために、今の生活が大変になってしまっては、生命保険に入る意味がないでしょう。

今の生活を圧迫することなく、支払っていける保険料にするバランスが大切です。

保険料は必要な保障額を計算しながらちょうど良い金額で加入することが大切です。その際に重要になるのが、子どもの教育費と老後の資金です。

子どもがいる家庭では、必要な教育費を考えて、死亡保険の金額を決定しましょう。1番下の子どもが大学を卒業して、独り立ちするまでの金額を考えて保険金を決定します。

老後の資金も同じように、公的年金を受け取ることができるまでの期間を考えたり、介護費用を考えたりしながら、色々な条件を考えて必要になる金額を考えます。

だいたいの金額を計算したうえで、それに合わせた保険を選びましょう。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved