生命保険の仕組みとは

生命保険に入ろうと考えた場合は、そもそも生命保険がどのようなものなのかをしっかりと確認してから入るようにしましょう。

生命保険はみんなが入るものだからと適当に決めてしまっては、無駄なお金を払い続けることになるかもしれません。

まずは保険の基本的なことについて知っておきましょう。

生命保険は、主契約と特約によってできています。主契約というのは、死亡保険と生存給付、年金など、保険のポイントとなる部分を指します。死亡保険とは、生命保険では最も重要なところで、保険期間中に無くなってしまった場合に支払われるお金になります。

保険の種類によって、支払われる金額や条件が違ってきますので、条件などはしっかりと把握しておく必要があります。

特約というのは、死亡保険に付けるオプションのようなもので、任意に付けることができます。

特約単体で契約をすることはできません

特約は死亡保険のおまけのような扱いになっていますが、特約のつけ方によって生命保険の使い勝手の良さが大きく異なってきます。

例えば生命保険に医療保険の特約をつければ、急な入院をすることになってもお金にお金の心配を大きく減らすことができるでしょう。

死亡保険と特約も上手に組み合わせて、自分に合った生命保険にしましょう。

死亡保険は残された家族のためにはとても大切なものとなります。死亡保険だけでは保障が充分でないと感じる場合は、特約をつけて、より保障を厚くしたり、貯蓄性を高めた生命保険にすると良いでしょう。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved