終身保険について

生命保険に加入する際、生涯ずっと保障を受けることが目的の場合は、終身保険を選択しましょう。

終身保険は、保険の期間が決まっていないため、亡くなったときに必ず保険金を受け取ることができます。

保険料が掛け捨てタイプよりも高くなってしまいますが、それでも残される家族のことを考えると、終身保険に選択し、家族にお金を残しておきたいですね。

保険料の支払い方法に2通りありますので、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

保険料の支払い方法は、「短期払い」と「終身払い」があります。短期払いは一定期間で保険料を払い終えるもので、終身払いは、一生保険料を払い続けるものです。

どちらの方法が良いとは、家庭環境は加入時期の年齢により異なりますので、都合が良い方を選びましょう。

終身保険のメリットとしては、加入した時の保険料がずっと適応されるため、保険料の値上がりがありません。それと、貯蓄性が高いこともメリットになるでしょうか。

満期保険金はありませんが、利回りが高いため、払い込みを終えた後に解約する場合、解約返戻金が多く戻ってきます。選んだ保険のプランによっては、これまで払った金額よりも多くの金額が解約返戻金として戻ってくることもあります。

生命保険としてだけでなく、貯金や老後の資産作りとして終身保険を利用する人もいます

ただし、解約返戻金は加入してから3年経たないと受け取ることができません。

それに、払った保険料よりも多くの金額を解約返戻金として受け取りたい場合は、30年以上は支払った後でなければなりません。

貯蓄としても目的もありますが、生命保険として、家族に安心を与えるために終身保険に加入する方が良いでしょう。

カテゴリー

保険ニュース


Copyright © 保険に入る人の為のまとめ. All rights reserved